一般社団法人 日本姿勢科学学会

メニュー

HOME日本姿勢科学学会とは姿勢調整師としての活動と働き方

姿勢調整師としての
活動と働き方

本セミナー修了後の働き方

姿勢のプロになるには、”学理の勉強”と“技術の勉強”
そして”実践的な勉強と訓練”が必要です!(約2年間)

STEP1

まずは姿勢科学が学べる大学へ入学(2年間)

大学は本来4年制ですが、働きながら姿勢科学や関連する学問のみを抽出して学べる2年間のディブロマ取得コース(社会人コース)があります。
※学位を取得したい場合は、4年制の受験が必要です。

  • 2年間の姿勢科学のディプロマコース(社会人コース)の方の学び方

大学講義は月一回の対面授業なので、現在お仕事をされている方もお仕事を辞めずにスタートできます。その他に、自分の好きな時間に受けられる
e-ラーニング、近隣の実習店でインターン学習を行います。さらにインターン店と契約することで、収入を得ることができます。

  • 講義
    講義
  • eラーニング
    eラーニング

インターン店で収入を得ながら、施術や接客などの技能を習得することができます。

  • 2年間の姿勢科学のディプロマコース(社会人コース)の働き方(一例)

・副業で勤務
・本業として週5日で勤務
・子育てしながら午前中のみ勤務

2年間インターン店にて登録し、勤務をしながら実践的な勉強ができます

収入を得る為にはインターン店と業務委託契約をします。
業務委託とは
店舗の施術スペースを借りて、自らの商業を行うことで、店舗を持たずに働くことができます。独立希望の方は、開業に向けての修行もできます。いずれは新店舗の店長を任され、開業支援制度(のれん分け制度)を使い、その店を買い取りオーナーになることも可能です。

※学生中もインターン店と業務委託契約を結ぶことで、学びながら収入を得る事が可能です。

STEP2

大学入学と同時に、提携団体へ加入して、月に1回技術の研修を受けましょう

提携団体主催の月1回プロ向け研修の受講をし、技術、知識レベルを向上する為の卒後教育
を受けられます。

※登録条件
大学修了・見込み者
提携団体への加入時、審査あり

大学入学と同時に、提携団体へ加盟して、月に一回技術の研修を受けましょう

  • 大学の選択授業で海外での解剖実習もできます。学会での、論文発表も!

日本ではなかなか実施できない!海外の大学にて、人体解剖実習を受けることも可能です。年に1回のチャンス!
症例報告会で発表できたり、論文作成のお手伝いに関わることができ、海外の学会で発表するチャンスも!

  • 大学の選択授業で海外での解剖実習もできます。学会での、論文発表も!
  • 大学の選択授業で海外での解剖実習もできます。学会での、論文発表も!
  • 大学の選択授業で海外での解剖実習もできます。学会での、論文発表も!

STEP3

3年目 姿勢科学ディプロマコース修了後は店舗にて勤務、開業の道も

  • 店舗スタッフ

    登録施術者として活動
            を続ける!
    1回の施術料金5,000円の
    最大30%が収入に
  • -
  • 店長

    新店舗の店長に!
    施術者の収入にプラス、
    店舗施術売上のうち営業
    利益の40%/月が収入に!
  • -
  • オーナー

    独立し、オーナーへ!
    全国店舗売上平均、年商約1,200万円。
    (実績2017年8月-2018年7月
    全国店舗数84店舗)

STEP4

4年目 さらなる収入が得られる・開業支援制度

店長2年目で、店舗も利益も上がりだした!そろそろ自分のお店を持ちたいなぁ…

-

そんな方には!
収益があがり、自己資金も貯まったところで、任されたお店を買い取り、
オーナーになれる制度があります!(※のれん分け開業支援制度)

さらなる収入が得られる・開業支援制度

のれん分け開業支援制度とは?
準備資金0円で、店長からオーナーになれる制度。始めは所属店舗のオーナーに新店舗の出店資金をだしてもらい、そこの店で店長として施術のインセンティブと、店長手当ももらいながら勤める。お店も利益が出て、自己資金がたまったところで店舗を買い取り、オーナーになれるという制度で、全国でもこの制度でオーナーになった施術者が多数います。