HOME > 日本姿勢科学学会について

日本姿勢科学学会について

発足目的
「将来性」「社会性」「人間性」の3つを理念に姿勢を科学の視線で追及します。
安全な技術の普及に際し
"三つの理念"を掲げております。

生体力学(バイオメカニクス)理論の観点から、軟部組織や脊柱の運動機能を回復させる事で、肩こり・腰痛などを解消していく、安全な技術の普及に努めております。 家庭内療法としてはもちろん、プロとしての院経営システムやビジネスプランなど、基礎課程修了後もサポートさせて頂きます。 日本姿勢科学学会では安全な技術の普及に際し三つの理念を掲げております。
日本姿勢科学学会 三つの理念
三つの理念
将来性
病気でなければ健康と言われていた時代から、死ぬまで自分の歯で食事をする・自分の足で歩くというように、薬や器具に頼らず、いきいきと生活することを健康とする時代になりつつあります。 健康は病院だけではなく、家庭や地域で維持促進することが求められています。手だけで痛みを取り除いたり、体の動き、機能・代謝を良くする等の日本姿勢科学学会の技術はこれからの日本に求められるものです。
社会性
カイロプラクティックや整体などの法制化が遅れている日本にとって、安心して受けられるケアを提供することは急務であると考えております。 各地域でのイベントやセミナー開催を通じてより安全で信頼できるケアサービスの提供を行って参ります。
人間性
技術者として、目前の困っている人・必要なケアが受けられていない人への温かい声と手を届けることのできる人材の育成に力を入れております。 高い技術の習得や、机上の理論のみを修得を目的とするのではなく、人への温かい心、自分の周囲から地域社会へ健康の輪を広げていける積極性のある人材育成を目指します。
代表理事挨拶

代表理事
高松 博美

 

 

概要

名称 一般社団法人 日本姿勢科学学会
(Japanese Society of Postural Science)
代表 高松 博美
住所 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル2307
TEL 06-6225-7469
FAX 06-6225-7394